代表的ないびきの治療法

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法に有効的だと思う方法に以下のようなものがあります。
・マウスピース
・外科手術
・気管切開
・鼻マスク
・生活習慣の改善

などです。このうちここでは「マウスピース」についてご紹介したいと思います。

【マウスピース(歯科装具)】

適応:いびき
睡眠時無呼吸症候群

治療用マウスピースの制作順序
1.検査、歯型
2.調整および仮使用
3.最終仕上げ

マウスピースを使用する治療法は身体に負担をかけないという事で、いびきや無呼吸症候群に有効的だとされています。マウスピースをつけると下あごが持ち上がって気道が開くために空気の通りがよくなります。そうするといびきや無呼吸が改善されます。
効果は90%以上だと言われています。
これは上下の歯と顎の状態に合わせてアクリル樹脂で個人個人に作成します。

【利点】
・小型でポケットサイズの為に旅行や出張など持ち運びに便利です。
・手術や鼻マスクなどと比較するとだいぶ楽で、身体への負担もかなり激減します。
・効果が90%以上と非常に高いために、長期間続ける事が可能です。
・口に入れるだけで効果が現れます。
・通院回数も少なくて済みます。

【欠点】
・18歳未満、または20本以下しか歯が無い人は、使えない場合があります。
・歯がぐらついたり、顎の関節に痛みがあったり障害がある人は、使えない場合があります。
・寝つきが悪い人、神経質な人には使えない場合があります。
・鼻の通りが悪い人、咽頭の肥大が大きい人は使えない場合があります。

コメントは受け付けていません。