顎が小さいといびきはどうなる?

顎が小さい、小顔がいいなどと小さいのがいいとされていますが、顎が小さいと「いびき」をかきやすくなることがあります。

何故かというと顎が小さくなると、次第に舌が顎に収まらなくなってしまうために気道の方に落ちるようになっていきます。
気道の方に舌が落ちていくと気道が狭くなってしまうために、呼吸をすると空気の通りに抵抗ができるようになります。その抵抗がいびきとなってしまうのです。

また、顎が後方に移動してしまった場合もいびきをかいてしまう可能性があります。骨格が関わっている場合は他の原因(肥満など)に関係なくいびきをかいてしまう可能性があります。

いびきは男性に多かったのですが、近年食生活の変化から子顎の女性が増加してきていますので、いびきをかく女性が増えてきているようです。

また、老化などによる筋力の低下などでもいびきをかいてしまう可能性があります。筋力というのは人によって違いますが、だいたい30歳位が筋力のピークだと言われていて、45~50歳位までは徐々に筋力が低下していきます。
その後、60歳前後で急速に筋力が低下するといわれています。

こういった場合でいびきをかく人は、マウスピースやマスク(CPAP)などを使用していびきを解消するのがいいと思います。
マウスピースを使用する場合は、顎を持ち上げた状態で使用し、下顎や舌が落ちるのを防止します。
マスクは、鼻から空気を入れて人工的に気道を広げるようにして使用します。

コメントは受け付けていません。