Archive forいびき

顎が小さいといびきはどうなる?

顎が小さい、小顔がいいなどと小さいのがいいとされていますが、顎が小さいと「いびき」をかきやすくなることがあります。

何故かというと顎が小さくなると、次第に舌が顎に収まらなくなってしまうために気道の方に落ちるようになっていきます。
気道の方に舌が落ちていくと気道が狭くなってしまうために、呼吸をすると空気の通りに抵抗ができるようになります。その抵抗がいびきとなってしまうのです。

また、顎が後方に移動してしまった場合もいびきをかいてしまう可能性があります。骨格が関わっている場合は他の原因(肥満など)に関係なくいびきをかいてしまう可能性があります。

いびきは男性に多かったのですが、近年食生活の変化から子顎の女性が増加してきていますので、いびきをかく女性が増えてきているようです。

また、老化などによる筋力の低下などでもいびきをかいてしまう可能性があります。筋力というのは人によって違いますが、だいたい30歳位が筋力のピークだと言われていて、45~50歳位までは徐々に筋力が低下していきます。
その後、60歳前後で急速に筋力が低下するといわれています。

こういった場合でいびきをかく人は、マウスピースやマスク(CPAP)などを使用していびきを解消するのがいいと思います。
マウスピースを使用する場合は、顎を持ち上げた状態で使用し、下顎や舌が落ちるのを防止します。
マスクは、鼻から空気を入れて人工的に気道を広げるようにして使用します。

Comments off

いびきと睡眠時無呼吸症候群の関係はどうなっているのか

いびきというのは、空気の通り道である上気道が狭くなることで、空気が通る振動音を出す事で起きています。

それとは別に睡眠時無呼吸症候群というのは、空気の通り道である気道が塞がってしまって呼吸が止まってしまい、その状態が長く続く事を言います。

アメリカの研究では寝ているときに歯軋りをする人に睡眠時無呼吸症候群のような症状が出るということが明らかになりました。

この睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まってしまった状態(これを無呼吸という)が継続的に繰返し起きる病気です。この状態が繰返されると睡眠が充分に取れない為に、昼間眠気が起きたり、集中力が無くなったりしてしまう。運転をしている人だと、居眠り運転や事故など取り返しが付かない事故を起こす可能性があります。それほど重大な事なのです。

睡眠時無呼吸症候群の定義は一回の睡眠で10秒以上呼吸が止まる状態が30回以上続く事、または睡眠1時間当たりの無呼吸状態が5回以上あることだとされています。

この状態を治療もしないで放って置くと、命に危険が及ぶ場合もあるようです。そうならないためにも適切な症状の分析や診断、治療、改善、予防などの対処が必要不可欠になります。

無呼吸の状態続けば続くほど体内の酸素不足が深刻化してきます。酸素不足は循環機能に負担がかかったり、最悪は突然死などになったりで様々な問題が生じてきます。

こうなる前に専門医などの診断を受け、早めの改善を心がけるようにしたほうがいいと思います。

Comments off

いびきのトラブル

いざ寝ようと思って寝室に向かうと、旦那さんのいびきが「がぁーーーーっっ!」ってすごい音が・・・、寝たくてもこれでは寝られません。

ある製薬会社が20~30代の既婚女性を対象にして「夫のいびき」についてアンケートをとりました。
それによると、9割以上の旦那さんがいびきをかいているという結果が出ました。そのうち8割以上の奥様が旦那様のいびきを何とかしなければ、何とかしたいと考えています。
奥さんがものすごく悩んでいるのに、いびきをかいている当の本人である旦那さんには自覚症状がないためか、いびきを治そうという意識が低い人が多いと思います。

いびきというのは周りの人へ迷惑をかけるのはもちろんのこと、本人の健康自体にもあまり良くないという現実があることを忘れないでください。

いびきというのは、喉で生じる場合、口を開けて寝た時に下顎が下がってしまって舌の根元の方が喉の奥の方に下がっていき気道を塞いでしまい狭くしてしまいます。狭くなると空気抵抗が生じ、気道のひだを振動させた音がいびきとなって出てしまうのです。

空気の通り道が狭くなると体内に取り込まれる酸素の量が減ってしまいます。そうすると酸素を体内に取り込もうと頑張るために心臓に負担がかかってしまうということになります。

このために「いびき」がひどい人は疲れが取れにくく、また高血圧にもなりやすくなってしまいます。何よりも熟睡ができない為に昼間に眠気が襲ってきたりもするのです。

Comments off

いびきは怖いものです

いびきというのは怖いものだという事を認識しなくてはなりません。

いびきによる睡眠呼吸障害は、睡眠中の上気道の狭窄による閉塞性障害や、呼吸中枢の中枢性障害、この二つが一緒になった混合性障害という障害に分類されます。

この内の閉塞性障害では上気道の狭窄によっていびきが起きます。骨や軟骨で気道の周りが保持されていないために最も深刻で問題となる部位となっています。

「いびき」というのは、持続性のものと周期性のものとに分類されます。
以下にその二つに分類された性質の説明を記述します。

【持続性いびき】
睡眠中の上気道の抵抗が少ないために、充分に換気があるため酸素不足になることはありません。

【周期性いびき】
気道の狭窄が大きいために、呼吸が一時的ではありますが停止された状態になります。呼吸が停止されると血液中に取り込まれるはずの酸素が不足し、炭酸ガスが蓄積されるようになります。こうなるといびきの音は高くなります。

いびきや睡眠時無呼吸症候群などで睡眠不足などの睡眠障害などになると、昼間に睡魔に襲われるようになったり、覚醒障害、注意力散漫などの原因になったりします。睡眠障害時の車の運転は事故の元ともなるので特に注意が必要になると思います。更に血液中に酸素が不足してしまうと脳を刺激してしまうために覚醒を起こしてしまいます

また、酸素不足になると高血圧や肺性心合併などの合併症の原因ともなりますので更に注意が必要になります。

Comments off