いびきは病気です

いびきの治療というのは、無呼吸症候群のときに保険適応されます。無呼吸症候群によるいびきというのは必ずしも多いという訳ではありません。いびきがたいしたことない場合、自覚症状が無く、本人以外の方から指摘される場合が多いですそういう場合は保険適応外なので病気としては捉えられることが出来ません。

いびきというのは、余りにもなっている人が多く、社会的にも問題が多々あるのに病気と認識されないだけで診断や治療が遅れてしまい、重度になる場合がありました。
いびきには薬での治療法がないと言うのがほかの病気と大きく異なる点だと思います。そのために手術以外の民間療法が多くあります。ただし治療効果には多少問題があるといえますが・・・

病院で出来る治療でレーザー治療などがあります。レーザー治療の利点としては「出血が少ない」「局所麻酔」「入院不要」「痛みが少ない」「副作用が少ない」というのが挙げられます。

しかし、保険適応外の為手術費用が高額になる可能性があります。だいたい20万円前後位ではないかと思います。

その他には鼻炎治療として、鼻の奥の粘膜をレーザーで焼き、鼻の空気の通りを改善します。

手術後2~3週間ほどは不快感、アルコール摂取をしない、食事制限などがあるかとは思いますが徐々に改善していきますので忘れずに通院することをお勧めします。

また、症状によっては保険適用になる場合もあるので医師と相談する事をおすすめします。

Comments off

レーザー治療でいびき対策

「いびき」には自覚症状はありませんが、家族や友達などの安眠を妨害したり、睡眠時無呼吸症候群、慢性疲労、脳梗塞、心臓病、突然死など大変な病気を引き起こしたりするかもしれません
たかが「いびき」と甘くみたら大変な事になるかもしれませんよ。

その「いびき」を解消するための方法として「レーザー治療」があります。
のどちんこの部分の周りにレーザーをあてて、気道を広げるようにします。これによって喉の粘膜の震えが解消され、いびきが軽減されるということです。レーザーというとちょっと怖く感じるかもしれませんが、手術は局所麻酔をスプレーでしますので痛みはほとんど感じられないと思うので心配はないと思います。

手術時間も5~15分程度で短いし安心してお受けしていただく事ができます。

術後の通院は、絶対に必要という事ではありません。術後の経過が良好であれば炎症がとれる1週間後、1ヵ月後(手術の反応が消える頃)、3ヵ月後(喉の形状が決まる頃)などのきりがいいタイミングのときに通院すればいいと思います。

また痛みですが、術後の数日間は扁桃炎のような痛みが出ることもありますし、違和感がある場合は1週間ほどで無くなると思います。また食べ物を食べると飲み込みづらいなどの違和感がある場合があります。

治療後の食事制限ですがアルコールやタバコは控え、固いもの、熱いもの、辛いものなどの刺激物なども控えるようにしたほうがいいでしょう。

また処方されたうがい薬を1日5~6回ほど使ってうがいするようにしてください。

Comments off

いびきは怖いものです

いびきというのは怖いものだという事を認識しなくてはなりません。

いびきによる睡眠呼吸障害は、睡眠中の上気道の狭窄による閉塞性障害や、呼吸中枢の中枢性障害、この二つが一緒になった混合性障害という障害に分類されます。

この内の閉塞性障害では上気道の狭窄によっていびきが起きます。骨や軟骨で気道の周りが保持されていないために最も深刻で問題となる部位となっています。

「いびき」というのは、持続性のものと周期性のものとに分類されます。
以下にその二つに分類された性質の説明を記述します。

【持続性いびき】
睡眠中の上気道の抵抗が少ないために、充分に換気があるため酸素不足になることはありません。

【周期性いびき】
気道の狭窄が大きいために、呼吸が一時的ではありますが停止された状態になります。呼吸が停止されると血液中に取り込まれるはずの酸素が不足し、炭酸ガスが蓄積されるようになります。こうなるといびきの音は高くなります。

いびきや睡眠時無呼吸症候群などで睡眠不足などの睡眠障害などになると、昼間に睡魔に襲われるようになったり、覚醒障害、注意力散漫などの原因になったりします。睡眠障害時の車の運転は事故の元ともなるので特に注意が必要になると思います。更に血液中に酸素が不足してしまうと脳を刺激してしまうために覚醒を起こしてしまいます

また、酸素不足になると高血圧や肺性心合併などの合併症の原因ともなりますので更に注意が必要になります。

Comments off

Hello world!

Welcome to Ex5.biz. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!

Comments (1)

« 前ページへ « 前ページへ Next entries »