代表的ないびきの治療法

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法に有効的だと思う方法に以下のようなものがあります。
・マウスピース
・外科手術
・気管切開
・鼻マスク
・生活習慣の改善

などです。このうちここでは「マウスピース」についてご紹介したいと思います。

【マウスピース(歯科装具)】

適応:いびき
睡眠時無呼吸症候群

治療用マウスピースの制作順序
1.検査、歯型
2.調整および仮使用
3.最終仕上げ

マウスピースを使用する治療法は身体に負担をかけないという事で、いびきや無呼吸症候群に有効的だとされています。マウスピースをつけると下あごが持ち上がって気道が開くために空気の通りがよくなります。そうするといびきや無呼吸が改善されます。
効果は90%以上だと言われています。
これは上下の歯と顎の状態に合わせてアクリル樹脂で個人個人に作成します。

【利点】
・小型でポケットサイズの為に旅行や出張など持ち運びに便利です。
・手術や鼻マスクなどと比較するとだいぶ楽で、身体への負担もかなり激減します。
・効果が90%以上と非常に高いために、長期間続ける事が可能です。
・口に入れるだけで効果が現れます。
・通院回数も少なくて済みます。

【欠点】
・18歳未満、または20本以下しか歯が無い人は、使えない場合があります。
・歯がぐらついたり、顎の関節に痛みがあったり障害がある人は、使えない場合があります。
・寝つきが悪い人、神経質な人には使えない場合があります。
・鼻の通りが悪い人、咽頭の肥大が大きい人は使えない場合があります。

Comments off

顎が小さいといびきはどうなる?

顎が小さい、小顔がいいなどと小さいのがいいとされていますが、顎が小さいと「いびき」をかきやすくなることがあります。

何故かというと顎が小さくなると、次第に舌が顎に収まらなくなってしまうために気道の方に落ちるようになっていきます。
気道の方に舌が落ちていくと気道が狭くなってしまうために、呼吸をすると空気の通りに抵抗ができるようになります。その抵抗がいびきとなってしまうのです。

また、顎が後方に移動してしまった場合もいびきをかいてしまう可能性があります。骨格が関わっている場合は他の原因(肥満など)に関係なくいびきをかいてしまう可能性があります。

いびきは男性に多かったのですが、近年食生活の変化から子顎の女性が増加してきていますので、いびきをかく女性が増えてきているようです。

また、老化などによる筋力の低下などでもいびきをかいてしまう可能性があります。筋力というのは人によって違いますが、だいたい30歳位が筋力のピークだと言われていて、45~50歳位までは徐々に筋力が低下していきます。
その後、60歳前後で急速に筋力が低下するといわれています。

こういった場合でいびきをかく人は、マウスピースやマスク(CPAP)などを使用していびきを解消するのがいいと思います。
マウスピースを使用する場合は、顎を持ち上げた状態で使用し、下顎や舌が落ちるのを防止します。
マスクは、鼻から空気を入れて人工的に気道を広げるようにして使用します。

Comments off

いびき治療は身近なものです

いびきをかく原因の多くは、鼻呼吸をしないで口呼吸をすることと考えられています。最近は男性だけでなく、女性も子供も幼児にもいびきの症状が多く見られています。

いびきを防止したいと思うのは男女問わず誰でも思うと思いますが、特に女性に注目を浴びている防止グッズは、グーミンやマウスピース、クリップ、リングなどです。その他にはいびき防止枕などがネットや通販などで手軽に購入できるという事から高い人気を誇っています。

いびきの防止グッズを使って、いびきを改善するのはいいことですが、あくまでもこれは改善であり、治療ではありません。改善で解消してくれればいいのですが、それでもダメな場合は治療して治すという方法になります。治療で人気がある方法ではレーザー治療などの手術が人気があります。

治療や手術をするには病院で診察を受けなければなりません。最寄りの専門医に出向いてみて治療方法や値段など確認されてから治療を開始した方がいいと思います。
しかし、いびき防止グッズと比べてみると料金は高くなってしまいますが、それは仕方ないことと割り切って、早く治療が出来ると思って検討してみるのもいいかもしれませんね。

最近は「いびき」は男性だけでなく女性も、子供も、犬猫までもかくようになってきました。こういうときだからこそいびきを甘く見ないで防止や解消、対策をして病気の予防をするように心が、防止グッズを使ったり専門医に診せたりすることも大切だと思います。

Comments off

いびきに効くツボ

いびきというのは、本人には自覚症状がなく、その音が周りの人にとって迷惑なものです。いびきというのは、一般的には中高年の男性に多く見られるものです。しかし最近では男女問わずにいびきをかく人が増えてきています。

いびきと言うのは、口呼吸と鼻呼吸を同時に行っているときに起こるものです。呼吸自体に異常があるわけではなく、気道の異常によってあの騒音が出されているのです。
どういう事かと言うと、睡眠中というのは口蓋の筋肉が緩んでしまうために下顎が下がってしまいます。そうすると、空気の通り道が狭くなります。鼻からよりも口から吸う息のほうが量が多いと、いびきをかいてしまいやすくなるという訳です。

いびきの原因というのは様々ありますが、肥満やアルコール、過労、ストレス、老齢などがあります。
このいびきを解消するために、上星というツボが効果があるといわれています。

【上星(じょうせい)】
このツボは、前頭部の髪の生え際の中央から1センチ上辺りにあります。別名「蓄膿症の特効ツボ」という風にも言われています。

どのように刺激を与えるかというと、タバコやお灸などで暖かい刺激を1日20回前後程与えるようにしてください。そうすることにより、鼻の通りがよくなりいびきが解消されるというわけです。

また、ツボの他のいびき解消法としては、「枕を高くして寝る事」「横向きになって寝る事」などがあります。いびきを解消できるかもしれませんので心がけてみてください。

Comments off

いびきと睡眠時無呼吸症候群の関係はどうなっているのか

いびきというのは、空気の通り道である上気道が狭くなることで、空気が通る振動音を出す事で起きています。

それとは別に睡眠時無呼吸症候群というのは、空気の通り道である気道が塞がってしまって呼吸が止まってしまい、その状態が長く続く事を言います。

アメリカの研究では寝ているときに歯軋りをする人に睡眠時無呼吸症候群のような症状が出るということが明らかになりました。

この睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まってしまった状態(これを無呼吸という)が継続的に繰返し起きる病気です。この状態が繰返されると睡眠が充分に取れない為に、昼間眠気が起きたり、集中力が無くなったりしてしまう。運転をしている人だと、居眠り運転や事故など取り返しが付かない事故を起こす可能性があります。それほど重大な事なのです。

睡眠時無呼吸症候群の定義は一回の睡眠で10秒以上呼吸が止まる状態が30回以上続く事、または睡眠1時間当たりの無呼吸状態が5回以上あることだとされています。

この状態を治療もしないで放って置くと、命に危険が及ぶ場合もあるようです。そうならないためにも適切な症状の分析や診断、治療、改善、予防などの対処が必要不可欠になります。

無呼吸の状態続けば続くほど体内の酸素不足が深刻化してきます。酸素不足は循環機能に負担がかかったり、最悪は突然死などになったりで様々な問題が生じてきます。

こうなる前に専門医などの診断を受け、早めの改善を心がけるようにしたほうがいいと思います。

Comments off

いびきのトラブル

いざ寝ようと思って寝室に向かうと、旦那さんのいびきが「がぁーーーーっっ!」ってすごい音が・・・、寝たくてもこれでは寝られません。

ある製薬会社が20~30代の既婚女性を対象にして「夫のいびき」についてアンケートをとりました。
それによると、9割以上の旦那さんがいびきをかいているという結果が出ました。そのうち8割以上の奥様が旦那様のいびきを何とかしなければ、何とかしたいと考えています。
奥さんがものすごく悩んでいるのに、いびきをかいている当の本人である旦那さんには自覚症状がないためか、いびきを治そうという意識が低い人が多いと思います。

いびきというのは周りの人へ迷惑をかけるのはもちろんのこと、本人の健康自体にもあまり良くないという現実があることを忘れないでください。

いびきというのは、喉で生じる場合、口を開けて寝た時に下顎が下がってしまって舌の根元の方が喉の奥の方に下がっていき気道を塞いでしまい狭くしてしまいます。狭くなると空気抵抗が生じ、気道のひだを振動させた音がいびきとなって出てしまうのです。

空気の通り道が狭くなると体内に取り込まれる酸素の量が減ってしまいます。そうすると酸素を体内に取り込もうと頑張るために心臓に負担がかかってしまうということになります。

このために「いびき」がひどい人は疲れが取れにくく、また高血圧にもなりやすくなってしまいます。何よりも熟睡ができない為に昼間に眠気が襲ってきたりもするのです。

Comments off

外科手術によるいびき治療

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つに「外科手術」という方法があります。

外科手術というのは病的な症状が原因の場合や、病気が原因の場合のときに適応される方法です。

外科手術の必要がある病的症状としては、気道内における扁桃の過度な肥大、のどちんこが極端に長いなどがあります。
いびきや睡眠時無呼吸症候群で行う手術の方法で一般的な方法はUPPPとLAUPです。

UPPPとLAUPの両方とも、気道を狭く閉塞させないように喉の形を変える方法です。手術という外科的治療で喉の咽頭部分を拡大するので呼吸もしやすくなります。呼吸がしやすくなると体内の酸素取得量も増加することになります。
そうすると、心臓にかける負担が減るために高血圧などの合併症を引き起こす危険性も減ります。

では、それぞれの説明をします。

【UPPP】
この手法は睡眠時無呼吸症候群に有効的です。口蓋、軟口蓋を外科的に切除し、粘膜(口腔、鼻腔の両方)を縫い合わせ、突っ張るような緊張状態を作り上げます。

【LAUP】
いびきを治療するときに使用する手術法です。UPPPより切除する範囲は狭く、レーザーで焼きます。

外科の手術の目的は「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の原因となっている粘膜の削除や咽頭部を拡大するような手術をして呼吸をしやすくするといった所にあります。

場合によっては気管切開が必要な場合もあります。

どちらにしても、専門医の判断を受けて治療するようにしてください。

Comments off

いびきは病気です

いびきの治療というのは、無呼吸症候群のときに保険適応されます。無呼吸症候群によるいびきというのは必ずしも多いという訳ではありません。いびきがたいしたことない場合、自覚症状が無く、本人以外の方から指摘される場合が多いですそういう場合は保険適応外なので病気としては捉えられることが出来ません。

いびきというのは、余りにもなっている人が多く、社会的にも問題が多々あるのに病気と認識されないだけで診断や治療が遅れてしまい、重度になる場合がありました。
いびきには薬での治療法がないと言うのがほかの病気と大きく異なる点だと思います。そのために手術以外の民間療法が多くあります。ただし治療効果には多少問題があるといえますが・・・

病院で出来る治療でレーザー治療などがあります。レーザー治療の利点としては「出血が少ない」「局所麻酔」「入院不要」「痛みが少ない」「副作用が少ない」というのが挙げられます。

しかし、保険適応外の為手術費用が高額になる可能性があります。だいたい20万円前後位ではないかと思います。

その他には鼻炎治療として、鼻の奥の粘膜をレーザーで焼き、鼻の空気の通りを改善します。

手術後2~3週間ほどは不快感、アルコール摂取をしない、食事制限などがあるかとは思いますが徐々に改善していきますので忘れずに通院することをお勧めします。

また、症状によっては保険適用になる場合もあるので医師と相談する事をおすすめします。

Comments off

レーザー治療でいびき対策

「いびき」には自覚症状はありませんが、家族や友達などの安眠を妨害したり、睡眠時無呼吸症候群、慢性疲労、脳梗塞、心臓病、突然死など大変な病気を引き起こしたりするかもしれません
たかが「いびき」と甘くみたら大変な事になるかもしれませんよ。

その「いびき」を解消するための方法として「レーザー治療」があります。
のどちんこの部分の周りにレーザーをあてて、気道を広げるようにします。これによって喉の粘膜の震えが解消され、いびきが軽減されるということです。レーザーというとちょっと怖く感じるかもしれませんが、手術は局所麻酔をスプレーでしますので痛みはほとんど感じられないと思うので心配はないと思います。

手術時間も5~15分程度で短いし安心してお受けしていただく事ができます。

術後の通院は、絶対に必要という事ではありません。術後の経過が良好であれば炎症がとれる1週間後、1ヵ月後(手術の反応が消える頃)、3ヵ月後(喉の形状が決まる頃)などのきりがいいタイミングのときに通院すればいいと思います。

また痛みですが、術後の数日間は扁桃炎のような痛みが出ることもありますし、違和感がある場合は1週間ほどで無くなると思います。また食べ物を食べると飲み込みづらいなどの違和感がある場合があります。

治療後の食事制限ですがアルコールやタバコは控え、固いもの、熱いもの、辛いものなどの刺激物なども控えるようにしたほうがいいでしょう。

また処方されたうがい薬を1日5~6回ほど使ってうがいするようにしてください。

Comments off

いびきは怖いものです

いびきというのは怖いものだという事を認識しなくてはなりません。

いびきによる睡眠呼吸障害は、睡眠中の上気道の狭窄による閉塞性障害や、呼吸中枢の中枢性障害、この二つが一緒になった混合性障害という障害に分類されます。

この内の閉塞性障害では上気道の狭窄によっていびきが起きます。骨や軟骨で気道の周りが保持されていないために最も深刻で問題となる部位となっています。

「いびき」というのは、持続性のものと周期性のものとに分類されます。
以下にその二つに分類された性質の説明を記述します。

【持続性いびき】
睡眠中の上気道の抵抗が少ないために、充分に換気があるため酸素不足になることはありません。

【周期性いびき】
気道の狭窄が大きいために、呼吸が一時的ではありますが停止された状態になります。呼吸が停止されると血液中に取り込まれるはずの酸素が不足し、炭酸ガスが蓄積されるようになります。こうなるといびきの音は高くなります。

いびきや睡眠時無呼吸症候群などで睡眠不足などの睡眠障害などになると、昼間に睡魔に襲われるようになったり、覚醒障害、注意力散漫などの原因になったりします。睡眠障害時の車の運転は事故の元ともなるので特に注意が必要になると思います。更に血液中に酸素が不足してしまうと脳を刺激してしまうために覚醒を起こしてしまいます

また、酸素不足になると高血圧や肺性心合併などの合併症の原因ともなりますので更に注意が必要になります。

Comments off