レーザー治療

いびきの原因には様々あります。大体の場合は睡眠中に舌が上気道を塞いでしまう事によることが原因だと思います。

いびきの治療の方法の一つに「レーザー治療」があります。このレーザー治療は口蓋垂の周りをレーザーで照射し、塞がった気道を少しずつ広げていくという治療です。
いびきは気道の中の粘膜の震えが原因でおこるので、レーザー治療でこの震えを抑えることができるという訳です。

現在のレーザー治療は痛みや出血が抑えられていて、日帰りでできるので昔よりは手軽に出来るようになりました。

【治療の流れ】
○診察・検査
病院では口や鼻の状態がどうなっているか内視鏡で確認をして、いびきの原因を探ります。そこで無呼吸症候群の可能性がある場合、別の検査を行うようにします。

○レーザー(治療)
いびきや無呼吸症候群をレーザー照射で気道を広げる事によって改善していきます。レーザー治療は、痛みや出血が少ないので入院は必要なく、日帰りで治療が可能となっています。
問題視されている、いびきの時の音ですが個人差があるために、治療をしても音が改善されない人もいますが、約9割の人が改善されるとされています。
このとき肥満の方は音が改善しないケースもあります。

○術後
治療後は落ち着くまで1~2週間ほどかかりますので、激しい運動、刺激物の摂取などは控えて頂いた方がいいと思います。
傷跡が落ち着いた頃の1~2週間後に通院して専門医にチェックしてもらいます。

Comments off

レーザー治療でいびき対策

「いびき」には自覚症状はありませんが、家族や友達などの安眠を妨害したり、睡眠時無呼吸症候群、慢性疲労、脳梗塞、心臓病、突然死など大変な病気を引き起こしたりするかもしれません
たかが「いびき」と甘くみたら大変な事になるかもしれませんよ。

その「いびき」を解消するための方法として「レーザー治療」があります。
のどちんこの部分の周りにレーザーをあてて、気道を広げるようにします。これによって喉の粘膜の震えが解消され、いびきが軽減されるということです。レーザーというとちょっと怖く感じるかもしれませんが、手術は局所麻酔をスプレーでしますので痛みはほとんど感じられないと思うので心配はないと思います。

手術時間も5~15分程度で短いし安心してお受けしていただく事ができます。

術後の通院は、絶対に必要という事ではありません。術後の経過が良好であれば炎症がとれる1週間後、1ヵ月後(手術の反応が消える頃)、3ヵ月後(喉の形状が決まる頃)などのきりがいいタイミングのときに通院すればいいと思います。

また痛みですが、術後の数日間は扁桃炎のような痛みが出ることもありますし、違和感がある場合は1週間ほどで無くなると思います。また食べ物を食べると飲み込みづらいなどの違和感がある場合があります。

治療後の食事制限ですがアルコールやタバコは控え、固いもの、熱いもの、辛いものなどの刺激物なども控えるようにしたほうがいいでしょう。

また処方されたうがい薬を1日5~6回ほど使ってうがいするようにしてください。

Comments off