いびきのトラブル

いざ寝ようと思って寝室に向かうと、旦那さんのいびきが「がぁーーーーっっ!」ってすごい音が・・・、寝たくてもこれでは寝られません。

ある製薬会社が20~30代の既婚女性を対象にして「夫のいびき」についてアンケートをとりました。
それによると、9割以上の旦那さんがいびきをかいているという結果が出ました。そのうち8割以上の奥様が旦那様のいびきを何とかしなければ、何とかしたいと考えています。
奥さんがものすごく悩んでいるのに、いびきをかいている当の本人である旦那さんには自覚症状がないためか、いびきを治そうという意識が低い人が多いと思います。

いびきというのは周りの人へ迷惑をかけるのはもちろんのこと、本人の健康自体にもあまり良くないという現実があることを忘れないでください。

いびきというのは、喉で生じる場合、口を開けて寝た時に下顎が下がってしまって舌の根元の方が喉の奥の方に下がっていき気道を塞いでしまい狭くしてしまいます。狭くなると空気抵抗が生じ、気道のひだを振動させた音がいびきとなって出てしまうのです。

空気の通り道が狭くなると体内に取り込まれる酸素の量が減ってしまいます。そうすると酸素を体内に取り込もうと頑張るために心臓に負担がかかってしまうということになります。

このために「いびき」がひどい人は疲れが取れにくく、また高血圧にもなりやすくなってしまいます。何よりも熟睡ができない為に昼間に眠気が襲ってきたりもするのです。

Comments off