いびきと睡眠時無呼吸症候群の関係はどうなっているのか

いびきというのは、空気の通り道である上気道が狭くなることで、空気が通る振動音を出す事で起きています。

それとは別に睡眠時無呼吸症候群というのは、空気の通り道である気道が塞がってしまって呼吸が止まってしまい、その状態が長く続く事を言います。

アメリカの研究では寝ているときに歯軋りをする人に睡眠時無呼吸症候群のような症状が出るということが明らかになりました。

この睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まってしまった状態(これを無呼吸という)が継続的に繰返し起きる病気です。この状態が繰返されると睡眠が充分に取れない為に、昼間眠気が起きたり、集中力が無くなったりしてしまう。運転をしている人だと、居眠り運転や事故など取り返しが付かない事故を起こす可能性があります。それほど重大な事なのです。

睡眠時無呼吸症候群の定義は一回の睡眠で10秒以上呼吸が止まる状態が30回以上続く事、または睡眠1時間当たりの無呼吸状態が5回以上あることだとされています。

この状態を治療もしないで放って置くと、命に危険が及ぶ場合もあるようです。そうならないためにも適切な症状の分析や診断、治療、改善、予防などの対処が必要不可欠になります。

無呼吸の状態続けば続くほど体内の酸素不足が深刻化してきます。酸素不足は循環機能に負担がかかったり、最悪は突然死などになったりで様々な問題が生じてきます。

こうなる前に専門医などの診断を受け、早めの改善を心がけるようにしたほうがいいと思います。

Comments off

いびきは病気です

いびきの治療というのは、無呼吸症候群のときに保険適応されます。無呼吸症候群によるいびきというのは必ずしも多いという訳ではありません。いびきがたいしたことない場合、自覚症状が無く、本人以外の方から指摘される場合が多いですそういう場合は保険適応外なので病気としては捉えられることが出来ません。

いびきというのは、余りにもなっている人が多く、社会的にも問題が多々あるのに病気と認識されないだけで診断や治療が遅れてしまい、重度になる場合がありました。
いびきには薬での治療法がないと言うのがほかの病気と大きく異なる点だと思います。そのために手術以外の民間療法が多くあります。ただし治療効果には多少問題があるといえますが・・・

病院で出来る治療でレーザー治療などがあります。レーザー治療の利点としては「出血が少ない」「局所麻酔」「入院不要」「痛みが少ない」「副作用が少ない」というのが挙げられます。

しかし、保険適応外の為手術費用が高額になる可能性があります。だいたい20万円前後位ではないかと思います。

その他には鼻炎治療として、鼻の奥の粘膜をレーザーで焼き、鼻の空気の通りを改善します。

手術後2~3週間ほどは不快感、アルコール摂取をしない、食事制限などがあるかとは思いますが徐々に改善していきますので忘れずに通院することをお勧めします。

また、症状によっては保険適用になる場合もあるので医師と相談する事をおすすめします。

Comments off