外科手術によるいびき治療

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療法の一つに「外科手術」という方法があります。

外科手術というのは病的な症状が原因の場合や、病気が原因の場合のときに適応される方法です。

外科手術の必要がある病的症状としては、気道内における扁桃の過度な肥大、のどちんこが極端に長いなどがあります。
いびきや睡眠時無呼吸症候群で行う手術の方法で一般的な方法はUPPPとLAUPです。

UPPPとLAUPの両方とも、気道を狭く閉塞させないように喉の形を変える方法です。手術という外科的治療で喉の咽頭部分を拡大するので呼吸もしやすくなります。呼吸がしやすくなると体内の酸素取得量も増加することになります。
そうすると、心臓にかける負担が減るために高血圧などの合併症を引き起こす危険性も減ります。

では、それぞれの説明をします。

【UPPP】
この手法は睡眠時無呼吸症候群に有効的です。口蓋、軟口蓋を外科的に切除し、粘膜(口腔、鼻腔の両方)を縫い合わせ、突っ張るような緊張状態を作り上げます。

【LAUP】
いびきを治療するときに使用する手術法です。UPPPより切除する範囲は狭く、レーザーで焼きます。

外科の手術の目的は「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」の原因となっている粘膜の削除や咽頭部を拡大するような手術をして呼吸をしやすくするといった所にあります。

場合によっては気管切開が必要な場合もあります。

どちらにしても、専門医の判断を受けて治療するようにしてください。

Comments off